フランスの美しい旅 rvabeille.com
フランス旅行のアベイユメンバーのひとりごと。濃女薄女太男。 フランス旅行情報リューアベイユドットコム
フランス旅行  アベイユメンバーのひとりごと 
アベイユメンバーのひとりごと   過去のページはこちらからご覧いただけます。
アベイユメンバーの編集後記的日記
 
2019/05/17

飛行機

中国東方航空で、上海経由で日本へ戻る事になっている。

チェックインは3時間前から受付開始なので、
中国人を相手するには、先手必勝!と勝手に考えて3時間10分前に
カウンターの人に聞いて並び始めた。

結局、問題なくすんなりと・・・
見ると、日本人の方が多いかな?
何も心配することなかった。

行きの飛行機で日本映画を観てしまったので
タブレットにダウンロードしておいた連続ドラマを最後まで観た。
ここでも、タブレットが活躍!
どうにか10時間以上を耐えることができた。

 

今回の旅は、新天皇即位が5月1日に決まった時に
10連休になるというニュースがでて、直ぐに予定をたてたもの

10年くらいかけて貯めたマイルでチケットを手に入れたので
飛行機代は無し(燃油代のみ)

連休の1日前に出発し、終わりの1日前に戻ってきたので
ひどい混雑にもあわなかった。

問題は、化粧品を忘れてしまったことだけであった。(あまの)

2019/05/16

チェコ 8日目(最後の日)

チェコを十分に味わいました!とは言えないが・・・

行きたいところへ行き
買いたい物をゲットして
食べたい物を食べた。

短期アパートに滞在していたので、
ホント!自由に過ごすことができたと思う。

食器類を元の場所に戻し
浴室、洗面室、各部屋のお掃除をして、
オーナーを待った。

チェックアウトの約束はAM9:00
ぴったりの時間に部屋のブザーがなった。

チェコ人はきっちりしている。
最後の最後まで、そんな思いになった。(あまの)

2019/05/15

チェコ 7日目(博物館)

チェコ滞在時間も残り少なくなってきた。
最後は、プラハならではのところに行きたいと思って
共産主義博物館へ!

そこは、当時使用されていた物とかが展示されているのかと思ったが
圧倒的に写真が多い。

パネルの横にチェコ語と英語で、長々と説明が書かれているが・・・
チンプンカンプン。
これを読まずして、これらの写真を見てどうするのか??

で、タブレットにグーグルの翻訳アプリを
ダウンロードしていた事を思い出して
遣い方を調べた結果、カメラで文字を読み込むと
翻訳してくれることが分かった。

小さい文字だけど大丈夫だろうか?
手がブルブル震えても大丈夫であろうか?

一か八かやってみよう!
解説の文字が、画面ギリギリに収まるようにして
パチリとしてみたら…

素晴らしい!
翻訳してくれました。

少々、文書がおかしいのはご愛嬌で、
いつ、だれが、何をして、どうなったか?
大まかな事はわかる。

このアプリが無かったら
多分、5分くらいで見学終了だったかもしれない。

タブレットのお蔭で、とても興味深く見る事ができた。

お土産コーナーには
ブラックジョークでできた現代風な物、
Tシャツとか、文房具とかがあった。

重い現実を見てきた後だったので
は買う気にはなれず、大人しく帰ることにした。

 

昼食後は、市民会館へ
そこは歴史のある建物で
見学するには、ツアーを予約するしかなく
仕方が無いので、英語のコースを予約したが、
受付で、日本語のプリントを渡されるので・・・
全くわからないということにはならなかった。

話すことも出来ず、聞く方も駄目なのに
どうにかなっている。

時代遅れの18金のネックレスを売って
タブレットを手に入れてより一層良かった!とその日思った。(あまの)

2019/05/14

チェコ 6日目(キヨフ)

前日の天気予報が晴れだったので
キヨフという町に行くことに。

電車のチケットはネットで購入済みで
2つ電車に乗るのだが、どちらも1時間〜1時間半に1本しかない。
しかも電車の乗り継ぎが4分。
大丈夫なのだろうか?

1本目の電車は遅れて出発。
且つ途中で何故かスピードを落として走っている時間帯があったので
到底予定時刻にはつくまい。
嫌な予感がする。

でも、遅れたのはそちら側(電車)のせいなので、
2本目の電車はきっと待ってくれるだろうと思っていたが・・・
甘かった。

電車がホームに入った時に、私たちが乗る予定の電車は出発していった。
と、いう事で次の電車の時間まで1時間位、駅舎で待つことに。

 

やっと目的地に着くと
観光局へ行って自転車をレンタルし、丘に向かった。

その丘は、この時期だけ、黄色と緑に覆われる。
(秋は茶色、冬は雪で真っ白)

黄色は菜の花で、緑は何だか不明。
場所によっては、地平線の先までそんな状態だった。

規模の大きさに唖然となるが
ズーーーーーっと昇りが続くと、息が上がってしまい、
風景どころではない。

やっと頂上に到着すると今度は下りが続く。
そこは、緑で一杯であった。

自転車を返す時に、観光局のトイレの前で1人
電車の中で5名の日本人と遭遇。
(話し声と、緑茶のペットボトルで分かった)

皆個々に来ていたようだが
そんな偶然あるのだろうか?と思ったが
相手も同じ思いでいるようで
目を見開いてビックリしていた。

きっと筋肉痛になるだろうと思っていたが
未だにこない。
どういうことだろうか?(あまの)

2019/05/13

チェコ 5日目(競馬場)

5日目は、2日目とは別の地方にある競馬場へ

午後2時くらいからレースが始まるらしいので
午前中は庭園がきれいなお城へ行くことになった。

お城は現在老人ホームになっているので
至る所にご老人がいた。

こちらをジーとみていたおじいさんに、おいでおいで!されたので行ってみたら
中に入れという(ジェスチャーでそう思った)
でも、その横にいるおばあさんが、眉間にシワを寄せて
おじいさんを叱っている(たぶん)ので
部外者は入れないのだろう。
そりゃそうだ!

中に入れないということは、庭園を見ることができないということ。
なので、帰ろうと思ったら、向いからくる家族の人に
「ガーデン?」と聞かれ、「イエス!」と返すと、入口らしき小道を指され
そこで、庭園の入り口を知った。

日本で外国人が困っていても、話せないので助けることが出来ないのに・・・・
親切にしてもらって、うれしかった。

 

元お城から、40分歩いて競馬場へ
入って直ぐのところで、生バンドがウエスタンっぽい歌を歌っていた。
ウエルカムミュージック?

その先には、お土産屋や、軽食の屋台が並びんでいる。
観客席に座るには、別料金が必要になるので
各々、シートや椅子を持参して草の上や、切り株に座っていた。

全体的に素朴な感じ。

ちなみに、馬券は買えない。
チェコでは馬券を買うために個人登録をして、カードを持った人だけが買えるらしい。
外国人である私たちは無理そう。
2日目に行った競馬場でそれを知った。

そこでは、窓口も閉まっていた
皆さんどうしているのかな?と観察してみると
スマホやパソコンで購入している。

その国の事情なのだろう。
それだけが残念だった。(あまの)

2019/05/10

チェコ 4日目

4日目
一週間予報によると、雨だったはずだけど・・・
晴れになった。(予報をたてずらい地形なのだろう)

今回の旅の目的の一つである、プラハ城へ

チェコの朝は早い。
皆さん、早い時間帯から仕事をして
早い時間に仕事を終え、自分の時間を過ごしている。

プラハ城も早くから入城できるらしいので
8時ごろにプラハ城へ向かう事に
まずは、外側から眺めたり、写真をとったりした。

お城に着くと、荷物検査でやや渋滞。
(外に出た時は長蛇の列ができていた)
チケットを購入して中に入ってはみたが
人、人、人・・・
それもアジア系が多い。

個人的には、外から眺めている方が良いかも??って思ってしまった。

その後、地元サッカーチームのお店に行ったり
お勧めのプラハで眺めが良いと言われている丘にいったり
ブラブラして終わり。(あまの)

2019/05/09

チェコ 3日目

3日目は、朝から雨
観光地には行けないので買物をすることに。

ガイドブックによるとガーネットが有名らしい
石言葉は「真実・情熱・勝利」
実は、私の誕生石なので
職場にでも付けていけるような小粒のピアスを購入した。

他に、靴。
チェコで作られた、チェコ独特の色の組み合わせが特徴的なもの。
お店は非常にわかりずらいところに、ポツンとあった。

直感で、これが良い!と思ったものにしようと思っていたが
2点あり、悩んだ末、無難な方を選択。
(それではこの店にきた意味が無いが・・・)

いざ支払いになると、機械が故障してキャッシュオンリーだと言われ
カード支払いをしようと思っていた私は手持ちが無くて、
雨の中銀行のキャッシュディスペンサーまで行くはめに

戻ってみたら、そこに日本人が買物していた。
こんなところに・・・とお互い思っただろう。

次に行ったところはファストファッションのお店
想定外の寒さにコートを購入。
下にユニクロのジャンバーを着ても大丈夫なものが
欲しかったのでメンズにした。

帰りにスーパーに寄って食材を購入したついでに
自分のお土産のチョコを少々買った。
ほんと、自分の物ばかり・・・

その日、プラハの一週間天気を見ると
雨マークがズラーッと並んでいたので
テンションが下がった。(あまの)

2019/05/08

チェコ 2日目

2日目
フリーマーケットのような蚤の市
ヴェルカフフレ競馬場

ネットで調べた天気予報では雨だったが
太陽がでてくれた。

それにしても??・・・寒い
ユニクロのライトダウンでは、この寒さには勝てない。
持ってきた衣類を重ね着して、腹巻きもしたが
寒い。

蚤の市では、古い時計やカップ類、装飾品等の他
日曜雑貨もおいてある。
それらが、ブルーシートの上に並べられていた。

寒かったのでコートでも買おうか?と思ったが
目に留まるものがなかった。

競馬場で、チェコの食べ物をつまみ食い。
地元の人は、女性も含めビールをよく飲むので
そこに列ができている。
細胞レベルでの違いを感じる。

日曜日からなのか??
子供の姿が目につく。
家族が仲良であることが伝わってくる。(あまの)

2019/05/07

1日目

プラハの空港に到着したが、
飛行機の中が寒くて眠れなかったせいもあり
頭がボーッとしていた。

入国手続き終了後、空港で、
メトロとバス、トラムの30日券(670czk)と
タブレット用のSIM(3メガ30分通話付きで600czk)を購入。

ガラ系の携帯を使っている私が、タブレットを購入したもの
今回の旅で使用したかったから
(ノートパソコンが壊れそうというのが1番ではあるが・・・)

宿は短期貸出しのアパートで、民泊みたいなもの。
オーナーの妻に到着予定時刻を連絡すると
夫が手を降って迎えてくれた
こういう時は、黒髪のっぺり顔が目印になる。

夫に案内されて中に入って
チェコ語で説明を受けるが・・・チンプンカンプン

お金の話になって夫が、手応えのない我らに困った末
妻に電話で助けを求め、英語で説明をされる。
が・・・実はよくわかっていない。

早く帰りたそうな夫を引き留め、乾燥機の使い方を教えてもらう
それもジェスチャーで・・・

洗濯やすすぎ、汚れの強いものやらをジェスチャーでって中々大変
少し気の毒な感じがした。
人のよさそうな夫であった。

因みに費用は、人数割りをすると10日間で約2万5千円くらい
中心地から少し外れたところにあるので、金額も安い。

その後、近所のスーパーで数日分の食料を購入して
パスタで夕飯。

10時には就寝
長い一日が終了。(あまの)

2019/05/01

上海で・・・

今回の旅は中国の飛行機を利用することとなった。

上海経由なので時間がかかるが、チケット代が安いし
午前中に仕事をして、午後半休をもらえばよい出発時間だったから
職場を丸一日休むより目立たないかな?という思惑があってのこと。

で、実際に乗ってみて思ったのは
中国人の皆さんのマナーが思ったよりよいということ。
(勝手に悪く思っていてすみません・・・)
大声で話をしたり
ゴミを散らかしたり
酒を飲んで、大騒ぎしたりするのかな?と思ったが
そういうのはなかった。

逆に、日本人の子供が「おならの臭いがする」と
言って大騒ぎしていたのに、親が知らんぷりを決め込んでいたのが気になった。

上海に到着すると、空港がとっても大きくてビックリ。

トランジットをする際に、持ち物検査があって
フランス人の高校生らしき団体の後ろに並んでいたが
彼らはじゃれあっていて、後ろのポケットからチケットが
落ちたことに気がつかないでいたので、肩を叩いて教えてあげたら
「シェイシェイ」と言われてしまったが・・・
私の見た目はそうだよな!って思った。

乗り継ぎの飛行機の出発時間が真夜中だったので
眠いのは仕方がないことではあるが、待ち時間
中国の人のあくびは大きな声で、尚且つ口をかくさずにする。

あと、ビニールに入れたお菓子を持ち歩いている人が数人いて
知り合いを見かけると食べるかどうか?聞いていた。

いつもはしていることを空港でしているだけなのだろう
見ていてほっこりした。(あまの)

パリの道を歩こう パリの道散策散歩
パリの観光案内 パリの観光案内
ブーランジュリー パリのパン屋
パリのカフェ パリのカフェ
パリのバス、スーパー、アノンスなども フランス便利情報
パリの区別情報 パリ区別情報
フランスの地方旅行 フランス地方旅行
フランス語単語文法他 フランス語
フランス格安航空券 フランス格安航空券
フランス旅行ツアー フランス旅行ツアー
フランスのホテル フランスのホテル
フランス旅行の準備 フランス旅行の準備
フランス留学 フランス留学
リューアベイユドットコムとは プロフィール
アベイユリンク集 フランス旅行リンク
アベイユへのコンタクト コンタクト
リューアベイユドットコムサイトマップ サイトマップ
ブログ日記編 濃女薄女太男
ブログ海外競馬編 blogフランス競馬
ブログフランスの道パリの道その他 blogフランス旅行
   
 姉妹サイトリンク
アベイユのフランス雑貨
オ・ランデヴー・デ・ザベイユ

カフェオレボウルやブルボンキーホルダーやリネン等
フランス雑貨のお店
 
 姉妹サイトリンク
凱旋門賞、フランス競馬
凱旋門賞・フランス競馬姉妹サイトのテュルフアベイユ。
歴史あるフランス競馬の世界を
ご堪能ください。

パリの道散策散歩  パリ区別情報  フランス地方旅行  パリのカフェ  パリのパン屋  フランス語  フランス便利情報

モノローグ  アベイユプロフィル  フランス旅行リンク集  お問い合わせ  サイトマップ

 ブログ濃女薄女太男   フランス旅行ブログ パリ、東京 L'ambiance    凱旋門賞への道〜フランス競馬ブログ親父
フランス旅行情報のリューアベイユドットコム             Copyright (c) 2004-2007 RueAbeille.com All Rights Reserved